補償内容と料金で見る!ペット保険!

似ているようで異なる補償内容

ペット保険の多くは補償額が50%と70%のタイプが多く、例外的に90%や100%補償が存在しています。補償額については、動物病院でペットが診療を受けた時に一旦は全額支払い、後で保険会社に診療明細書と共に保険金を請求する方式ならば全てのペット保険で使えます。一部の大手ペット保険では、窓口で保険証を提示するだけで自己負担分のみを清算すれば良く、保険金は動物病院側で自動的に請求して清算してくれるタイプがあります。
補償額のみでペット保険を決めてしまうと、実際に受け取れる補償額の計算方法が違うことに気が付くことになるでしょう。なぜなら、ペット特有の血統別に存在する固有の病気に対しては、ペット保険は適用対象外となることが珍しく無いからです。最初から補償内容が自分のペットに合ったタイプを選べば、安心して動物病院に通うことが出来ます。

料金だけで決めると免責事項に悩まされる

ペット保険では、必要な補償内容を自分で確認してから納得した場合に加入する任意加入方式が採用されています。約款に対して納得出来たら加入し、不満点があれば他のペット保険を探せば良いわけです。特に比較検討しなければならない事項は、免責事項に関する内容となります。
ペット保険の補償原資は、加入者が負担した保険料とその運用益のみとなるので、予めペットの種類により病気になることが分かっている疾病については、免責事項として指定されています。犬種や猫種固有の病気が該当するので、免責事項に記載がある病気にはペット保険が適用対象外となることを覚えておくと良いでしょう。ペット保険には年間に使用可能な回数が決まっていることも、確認しておかなければならない項目です。