長生きのために抑えておきたい!ペットの保険について

ペットの長寿命化と保険の関係

人間の平均寿命が伸びているのと同じように、犬や猫などのペットたちの平均寿命も昔に比べると大きな伸びを見せています。一昔前までは、ペットとして飼われている犬の平均寿命は7歳から10歳ほどだとされていました。ところが、今や犬の平均寿命は15歳近いと考えられています。
ペットの寿命が伸びるのは喜ばしいことですが、ペットが高齢化すると飼い主にとっては医療費の負担が大きくなるという問題が生じてきます。老いてくるにしたがって、消化器系や循環器系の疾病が増え、治療するのに多額の医療費負担を強いられる飼い主も多くなっています。
なかには、高額な医療費を払えないために、治療を諦めざるを得ないケースもあります。可愛いペットを飼っている飼い主にとっては深刻な事態です。

病気になってからでは遅いことも

そこで頼りになるのがペット保険です。
ペット保険に加入していれば、多額の治療費がかかる手術などの高度医療を、愛するペットに受けさせることができます。動物病院で抗生物質の注射を1本打つだけで、1万円近くの治療費がかかることもあるため、治療費のほとんどを保険が負担してくれるペット保険は、心強い存在です。また、定期的な健康診断費用が保険から支給されるため、病気の早期発見にもつながります。
ただし、ペット保険は病気になってからでは加入することができない点に注意が必要です。病気を発症する前の健康な状態のときしか加入できないため、病気がわかってから慌てて加入しようとしても手遅れなのです。
将来の医療費のことを考えて、早めに加入しておくとよいでしょう。